決してシンプルではないライフ

マラソンは義務、ハンドメイドは趣味、美味しいご飯を食べるのは喜び。

【手作りウェルカムボード:その2】リースを飾るためのボードを100均のインテリアシートを使って作ってみた

ウェルカムボード、まだまだ作成途中です。
今回はリースを飾るためのボードを作りました。

1ldk.hatenadiary.jp

 

イメージとしては、濃い色の木目の綺麗な板に貼り付ける感じ。リースがカラフルなため、なるべくボードは色を抑えようと考えました。

木目の綺麗な板を探すのは中々大変なので、木目調のシートをベニヤに貼ることで解決です!

f:id:cartonbox:20160924202015j:image

準備したのはこちら。

A2サイズのベニヤ板、東急ハンズで購入。
そして木目調のインテリアシート、ダイソーで購入。

最近インテリアシートは結構流行っているみたいですね。ダイソーでもですが、セリアでもかなりの種類を揃えています。木目調をはじめ、シャビーシックやレンガ、デニム調に籐かご模様など、色んな柄のインテリアシートがありました。

f:id:cartonbox:20160924202001j:image

実際に板に貼っていきます

f:id:cartonbox:20160924201949j:image

板の真ん中に継ぎ目ができないよう、中央から貼っていきます。
大体の位置を決めて…

f:id:cartonbox:20160924201938j:image

はくり紙を少しずつ剥がしながら、接着していきます。
パッケージから出した時は折り目がかなり気になりましたが、接着時にタオルなどでしっかり抑えていくと折り目は全く目立たなくなりました。

 

f:id:cartonbox:20160924201927j:image

板の中央に接着できました。

同じ要領で、左右にもインテリアシートを接着していきます。

ボードの完成!

f:id:cartonbox:20160924201917j:image

きれいに貼ることができました!
ベニヤ板のような硬い素材であれば、ずれても1~2回であれば剥がして修正可能なので一発勝負ということもなく安心です。ただあまり何度も貼ったり剥がしたりすると粘着力が弱くなってうまく貼れなくなってしまうかもしれません。

 

この板にこの間作ったサラダ感たっぷりのリースを固定すると…

f:id:cartonbox:20160924201903j:image

このような感じになりました。

ちなみにリースの直径は約35センチ、ボードの大きさはA2サイズなので結構存在感のあるウェルカムボードになります。ただ家で眺めると迫力がありますが、実際に広い会場に設置するとそこまでではないのです。入り口に飾られているボードがちんまりしていると、頑張って作ってもなんだか寂しい感じがしてしまいます。

なのでウェルカムボードを作るときは、思い切って大きめのサイズにするのがおすすめです。

 

さて、リースを飾るボードができました。最後に「文字入れ」という作業が残っています…。これから文字を入れていくので、うまくいくかどうか…w
文字入れ、成功したらまた記事をアップしたいと思います(゚∀゚)