読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決してシンプルではないライフ

マラソンは義務、ハンドメイドは趣味、美味しいご飯を食べるのは喜び。

Facebookを退会した。今の私にとって必要か考えてみたら必要なかった

f:id:cartonbox:20161115200752j:plain

今朝ジェットコースターに乗せられて絶叫している夢を見ました。
ジェットコースター乗ったことある人ならわかると思う、あの高所から急降下する時の胃とか内臓がヒュウウウウゥン!となる感じがリアル過ぎて朝から疲れてしまった…。

Google先生に聞いてみたところ、ジェットコースターに乗る夢というのは目まぐるしく変化する環境についていくのに必死な状態を暗示しているとのこと。まぁ今年入って2回も引越してるし、地元とはいえ新生活始まって3ヶ月ですもんねぇ。のんびりしているようで自分でも気づいていないうちに必死になっているんでしょうね。

Facebookを退会しました。

さて、タイトルの通りFacebookを退会しました。

始めたのは確か5年ほど前だったでしょうか。仕事でSNSボタンの実装をしなくてはならず、挙動を確認するためにアカウントを開設したのでした。

きっかけは業務としてでしたが、上京後あまり交流できなかった古い友人ともFacebookのおかげで再会することもでき、それなりに楽しんでいました。
私からはあまり発信することはなかったのですが、会社を退職後も良くして下さった上司や同僚の近況や仕事を頑張っている姿を知ることができるのでなんとなく「繋がっている」感じがして心地よくもありました。


しかしアカウントを開設してから5年。相変わらず毎日タイムラインを眺めていたときふと、

 

「これ(Facebook)、今の私にとっては必要ないんじゃ…」

 

と気づきました。気づいちゃいました。
気づいたときにはアカウントを削除していました。

 

別に友達を整理しようとか縁を切りたい人がいるとか言うわけではないのです。
(たまに「友達整理しました」とかわざわざ言ってる人いるよね。mixiが全盛期だった学生の頃はよくいたし、この間Facebookでもそういう人がいたけど…そういう宣言っているのかなぁ??)

少なくとも今の私にとっては、昔やっていた仕事関係の新着情報や疎遠になっている人の週末の予定をタイムラインでなんとなく追っている時間が無駄であると気づいてしまったのでした。

自分から発信したとして、「いいね!」がいくつついたかなんて本当はどうでも良いはずだし、そもそも会いたい人にはちゃんと直接会えているし。会いたい人には会いに行くように努力する方が楽しい。再会した時に思いがけない話を聞けるほうが新鮮でワクワクする。

なんていうか、なんかSNSありきの交流関係ってちょっと矛盾してんのかなとも思ってきた。うまく説明できないけど。

 

というわけで、よくよく考えてみたらFacebookに対する執着心がこれっぽっちもない癖に毎日タイムラインを眺めていた自分がバカバカしくなってしまったのでさっくり退会できました。復活するときは、きっとまた前回と同じように「業務の一環」として止むに止まれぬ事情により復活することになるんじゃないでしょうか。

環境変われば価値観も変わるしねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー