読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決してシンプルではないライフ

マラソンは義務、ハンドメイドは趣味、美味しいご飯を食べるのは喜び。

履歴書不要の日雇い派遣ヤバイぞ!

前回の記事を書いてからもう1ヶ月以上が過ぎていてびっくりよ。
ちなみに、前回書いていた会社の面接は落ちました(゚∀゚)★

前回の求人に落ちてからこの1ヶ月間色々色々ありまして、結局また近いうちに遠方に引っ越さないといけない確率が上がってしまったので、もういいやと思って短期でほそぼそとアルバイトしたり家事したり趣味に没頭したりしているよ。

今この土地にとりあえず住んでるけど多分来年にはまた引越しになるので先のことは深く考えずに暮らしていこうと思うよ(*´・ω・)

履歴書不要の日雇い派遣

今日こんなエントリを見かけました

www.anizm.xyz

そうそう、人間扱いされないんだよね。
かくいう私も先週から短期でやってるアルバイトというのがこんな感じの肉体労働系日雇い派遣。女性なので軽作業なんですけど、汗臭いハイエースに乗って現場まで行っているよ!こういうのダメな人は絶対無理だと思うよ!

この仕事を選んだ理由

私がこの仕事をやってみようと思った理由は

  • 家庭の事情で短期でしか働けない
  • 家にいるばかりで太ったので肉体労働で体動かしてダイエットしたい

この2点だけです。どちらかと言うと後者の理由の方が強い。
というわけで本当に適当なノリで始めたのですが、

履歴書なしで働ける日雇い派遣の世界ってマジパネェ

と心底思いました。

 

その1:登録もしていないのに派遣されそうになる

 派遣なので、仕事を始める前に派遣会社にスタッフ情報を登録をする必要があります。
求人を見て電話をし、指定の日に登録会場へお越しくださいとのことだったので了承し電話を切りました。

するとその2時間後、再び電話が。出てみると

 

「明日行けます?」

 

 

行きません(゚∀゚)

 

 

登録する前からのムチャぶり。
いや、それでもお金が必要な人は行くんでしょうけどね。すぐお金もらえるしね。どこの誰かもわからない状態で派遣された先で事故でも起こしたらどうなるんだろうね。

 

その2:現場がカオス

とにかく人が入ればいいレベルの適当さなので、現場もメチャクチャです。
私がやったのは「立ちっぱなしでひたすら服をたたむ」という作業なのですが、マニュアルあるけど読んでもわからない部分を分かる人に聞いたら人によって言ってることが全然ちがったりするし、なんかトラブルがあった時、たまたま近くにいた私が怒られました。何でや(゚∀゚)

 

明らかに理不尽でバカバカしいので、そんな時は「今日はどのくらい痩せたかなー」みたいな事を考えてやり過ごします。
そしていくら怒られても時間が来れば契約上延長は許されないのでさっさと帰ります。

おかげで仕事はじめて2キロ痩せた!労働のあとのご飯めっちゃ美味しいしこれでお金が少しでも入るなら断然いいわと思うの(*´∀`*)

 

 

 「その日暮らしの労働」を体験してみて思うこと

「お前亭主に食わせてもらってる主婦だからそんな呑気なこと言えるんだろ」
「それで飯食ってる人もいるんだぞコノヤロ」
とツッコミが入りそうですが、まあそうなんですけどそんなの知らん

別にのんきに気ままにこの仕事やっているわけではなくて(事情もあるし)
今回こういった「その日限りの肉体労働」をやってみて、そして現場にいる色んな人を見てきてやっぱり思うことがたくさんあります。

体力のある若いうちは肉体労働も全然問題ないけれど、唯一の強みだった体力は歳とともに確実に衰えていきます。またこんな単純作業は10年後には機械がやっている可能性が限りなく高い。「若さ」がなくなってもまともな生活をしていけるための武器…資格だったり技術、経験、知識のような強み…は何よりも大事だと、強く感じました。

 

以上、日雇い派遣ダイエット★のお話でした。